Browse By

ファイナンシャルプランナーの仕事は著作権も重要!

ファイナンシャルプランナーと著作権の関係

ファイナンシャルプランナーの主な業務は、個人のお金に関する相談に乗ることです。その人の夢や希望に基づいてライフプランを作成するサポートをするのが仕事です。そして、それを補完する形で社会保険や税金に関する記事を執筆したり、レジュメを作成してセミナーを行ったりもします。その時に関係してくるのが著作権法です。ファイナンシャルプランナーとして独立して仕事をしていく上では、この著作権に関する最低限の知識が必要でしょう。

著作権法を守るための基礎知識

著作権法は、簡単に言ってしまえば、創作活動を支援するために著作物を作った著作権者以外の人が著作物を勝手にコピー等することを禁止した法律です。例外として、私的利用の場合は、映画を除いて勝手にコピーしていいことになっているため、家庭でのテレビ番組の録画は問題ありませんが、業務で使用するために新聞記事やテレビ番組、音楽、小説、Web上のグラフなどを勝手にコピーすることは禁止されているのです。使用したい場合は、原則として著作権者に許可を取ることが必要です。この点をしっかり理解しておくことが必要でしょう。

ファイナンシャルプランナーのコンプライアンス

ファイナンシャルプランナーが記事を作成する時やセミナーのレジュメを作成する場合は、この著作権法を守る必要があります。独立して仕事をしていると誰も著作権法違反だとは教えてくれませんので、知らずに法律を犯すと事業生命が絶たれる恐れがありますので、コピーをする場合は、国や地方公共団体のデータを使い出典を明らかにするといいでしょう。こういったデータには一般的には著作権はありません。また、引用の場合は適法引用の要件を守ることによって利用することもできます。著作権の基礎知識はビジネスパーソンとしては基本的な知識といえるでしょう。

cfpは、カーボンフットプリントの略称となっています。商品やサービスに対して、原材料の調達から廃棄やリサイクルにいたるまでのサイクルを通して排出される温室効果ガスを、二酸化炭素に換算してわかりやすく表示する仕組みとなっています。