Browse By

キャリアを形成する!通信制大学と一般の通信教育の大きな違い

一般的な通信教育とは違う

通信制大学というのは、一般的な社会人向けの通信教育とは趣が異なっています。一般的な通信教育というのは、資格の取得であるとか、スキルアップなどが目的でしょうが、通信制大学では一般的な通信教育とは違って、キャリアの新たな形成というものが可能なのです。すなわり、通信制大学を卒業すると、いわゆる学士号というものを取得できますが、ここが一般の通信教育とは大きく異なるところで、新たなキャリアを獲得することができるんですね。

学士号を獲得できるということは

通信制大学を卒業して、学士号を獲得するということは、ふつうの4年制大学を卒業したのと同じキャリアを得ることができるということになるのです。現代社会はほとんどの人が大学に行く時代で、その結果学歴社会というのも崩壊しつつあるのが現状ですが、それでも大学を卒業しているかどうかは企業の採用基準の中でも大きなウエートを占めるところですよね。学士号を持っているというだけで、たとえば転職の際にも希望先の企業の幅が広がるというものなんです。

たくさんの学士号を持っているということ

ひとつの専門分野の学士号を持っているということも、もちろんのちのち有利になりますが、しかしいわゆるダブルディグリー、すなわち複数の学士号を持っているということは、今後さらに価値を高めていくかもしれません。複数の専門分野についての深い知識を持っているということは、何よりのアピールになるでしょう。特に終身雇用制が崩壊してきた昨今、複数の企業を渡り歩くということは珍しいことではなくなってきています。そんな時、複数の学士号を持っているということは大いなるアピールポイントになることは間違いないでしょう。

通信制大学大学とは働きながら学んだりすることができる、実際に大学に通わなくても勉強ができる教育のことをいいます。